ブログ最新記事
ブログカレンダー
6 | 2016/7 | 8
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
来訪者数

since 2008
 

ロータリークラブとは


■  ロータリーの誕生とその成長

 
 1905年当時のアメリカは経済恐慌で人心はすさみ、犯罪は巷にみちているというありさまでした。
これを憂えたシカゴの一青年弁護士 ポールP.ハリスは、よい社会をつくるためには人の和を図り、世の中に奉仕する気持を多くの人が持つようになることが大切だと考え、ポール・ハリス自身それ以前数年間、想を練り、まず石炭商シルベスター ・シール、鉱山技師ガスターバス・ローア、洋服商ハイラム・ショーレーの3人の友人と語らい、2月23日、この理想をひろく人々に呼びかけるための第1回の会合を持つに至りました。


 はじめ数カ月は非公式にブースター・クラブ(ブースターとは向上させるの意)と呼んでいましたが、さらに印刷業界のハリー・ラッグルズをはじめ、他の友人が加わってロータリー・クラブの誕生となりました。ロータリーとは、集会を順番に、会員が各自の事務所で持ち廻ってひらくことから名付けられました。



この理想は着々と実現され、1908年に2番目のクラブがサンフランシスコにつくられ、1910年には国内クラブ数16を数えるまでになり、さらに国境を越えてカナタ゛、英国へと国際的ひろがりをもって発展し、ここにロータリー国際連合会ができ、1922年には国際ロータリーと呼ばれることになったのです。






■ 日本のロータリー


 わが国最初のロータリークラブは、1920年(大正9)10月20日に創立された東京ロータリークラブで、翌1921年4月1日に、世界で855番目のクラブとして国際ロータリーに加盟が承認されました。

 日本のロータリークラブ創立については、ポール・ハリスの片腕としてロータリーの組織を作り、海外拡大に情熱的に取り組んだ初代事務総長チェスリー・ペリーと、創立の準備に奔走した米山梅吉、福島喜三次などの先達の功を忘れることができません。


 その後、日本のロータリーは、第2次大戦の波に洗われて、1940年に脱退します。戦後1949年3月になって、再び復帰加盟しますが、この時、復帰に尽力してくれたのが国際ロータリーの第3代事務総長ジョージ・ミーンズでした。

 その後に日本におけるロータリーの拡大発展は目覚しいものがあります。ロータリー財団への貢献も抜群で、今や国際ロータリーにおける日本の地位はは不動のものになりました。現在、日本全体でのクラブ数は2,325、会員数106,178人(2004年3月末)となっています。



■ ロータリーの綱領

 ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹育成することにある。


 奉仕の機会として知り合いを広めること。
事業および専門職務の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること。そしてロータリアン各自が業務を通じて社会に奉仕するためにその業務を品位あらしめること。
ロータリアンすべてが、その個人生活、事業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。
奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。



四つのテスト
~THE FOUR WAY TEST~


言行はこれに慣らしてから
Of the things we think,Say or do

Ⅰ真実か どうか
  Is it the truth?

Ⅱみんなに公平か
  Is it fair to all concerned?

Ⅲ好意と友情を探めるか
  Will it buiId good will and better friendships?

Ⅳみんなのためになるか どうか
  Will it be beneficial to all concerned?


 この四つのテストは、ロータリアンの日常の言行即奉仕の実践に当って(特に職業奉仕において)、自己反省方式の一つとして高く評価されています。これはハーバートJ.テーラー(1954~1955年度R.I.会長)が1932年、破産寸前のアルミニウム会社の建直しを引受けた時、この方式を考えて経営方針とし、見事に会社を復興させたといわれています。1954年、テーラーはその版権を国際ロータリーへ譲ったのであります。


 
 

例会変更

HP管理者 2015/05/11 10:18:46

5月15日(金) 親睦ゴルフと夜間例会
 
カテゴリー:蒲郡RC関係